カードローン 担保 保証人

担保や保証人は必要?

お金を借りる際に「土地を担保にして借金をした」と言う話や、「借金をするために保証人になってくれと言われた」なんて話を聞いたことがあるかと思いますが、カードローンでお金を借りる時にも担保や保証人は必要なのでしょうか?

 

結論から言うと、カードローンを利用する際は担保や保証人は必要ありません。

 

ドラマなどで「保証人になったばかりに借金取りに追われる羽目になってしまった…」なんてシチュエーションが描かれることがありますが、実際には保証人を立ててカードローンを組むようなことはめったにありません。

 

なぜ保証人が必要ないの?

銀行系、消費者金融系、信販系のどのカードローンであっても、申し込み時の審査は保証会社を通して行われます。保証会社の役割は、カードローンの申し込み時に信用調査を行い、返済が行われないなど債務不履行に陥ってしまった場合は業者への代位弁済をし、同時に債権者から回収も行います。

 

カードローンは保証会社を利用する仕組みになっているため、保証人や担保が必要ないのです。

 

保証会社を利用すると、業者は審査から債権管理までの業務を委託することができるので手間やコストを削減し、利用者に対してもスピーディーに対応できます。また、利用者側も保証人や担保を用意する負担を省くことができるので両者にメリットがあると言えます。

 

担保とは?

では、そもそも担保とは何なのでしょうか?

 

担保とは、お金を借りたものの返済が困難になった場合に、お金の代わりに財産や土地を債権者に差し出すことを言います。担保として適用されるのは財産や土地が一般的ですが、預貯金や貴金属を担保にする場合もあります。また、自動車ローンは完済されるまでは車が担保となります。

 

一般的にカードローンは担保が必要ないところがほとんどですが、限度額が高額になる場合は求められることもあるようです。

 

保証人とは?

担保には「物的担保」と「人的担保」があります。この人的担保のことを保証人と言います。人的担保は債務者以外の人に借金の保証をしてもらうものです。

 

保証人制度には「保証人」と「連帯保証人」があります。多くの場合、保証人と言うと連帯保証人を指します。

 

連帯保証人とは?

保証人と連帯保証人にはどのような違いがあるのでしょうか?

 

簡単に説明すると、簡単に言うと、保証人は債務者がどうしても支払えなくなった場合に返済する人のことを言い、連帯保証人は請求があれば債務者と同じように返済しなければならない人のことを言います。

 

保証人の場合は借金をした本人に支払い能力がある限り、本人からの取り立てが優先されます。仮に1000万円の借金があって本人に500万円の支払い能力があった場合は、保証人はの頃に500万円の返済義務を負うことになります。また、保証人が複数いる場合は分割して返済することになります。

 

これに対して連帯保証人の場合は、借金をした本人と同等の責任を負わされることになります。そのため本人に支払い能力があろうとなかろうと、保証人から先に取り立てをすることができます。この取り立ては拒否することができません。さらに連帯保証人の場合は借金を全額返済しなければならず、複数人いる場合でも全員に全額の支払い義務が生じます。

 

これだけ大変な責任を負わされてしまう連帯保証人ですから、なかなかなってくれる人を見つけるのは困難です。こうした手間が省くためにもカードローン会社は保証会社を利用し、厳しい審査を行っているのです。