カードローン 審査基準

カードローン・キャッシングの審査基準

借り入れを考えている方にとっては、審査基準ってとても気になりますよね。カードローン、キャッシング、クレジットカード等の申し込みをしたときはには必ず審査があります。
審査をして、本当に申込みをした人は信用できるのかということを調べます。なので、避けることが出来ないのです。
一般的にキャッシングやカードローンの審査の基準は以下の3つと言われています。

 

収入

安定した収入があるかどうかを確認します。

 

勤続年数

収入の額よりも勤続年数の方が重要視されます。継続性は安定性にもつながるので、勤続年数が長いほうが審査には有利と言えます。
給料が高くても、勤続年数が数カ月であったり、勤務したばかりだと審査に落ちる場合があります。逆に、給料が低くても勤続年数が長い場合は審査に通る場合があります。

 

住宅

ローンがない持ち家の方が有利になります。賃貸の住宅の場合は住居年数が重要視されます。勤続年数と同様に継続性が見られます。

 

 

審査に不利になる場合…

過去にキャッシングをしていて、返済履歴に滞納や遅延がある場合は金融事故(ブラックリスト)として、情報をまとめて管理している、個人情報信用機関に登録されています。
このようなケースの場合は、審査の時に落ちることがあります。また、このような場合は5年から7年の間は審査が通らない場合があります。
さらには、半年以内に金融機関への複数の申し込みをしている場合、審査が通りにくくなってしまいます。申込みブラックと呼ばれているものです。
むやみやたらに、どんどん申し込みをしてしまうのは避けるようにしましょう。