カードローン 申し込みブラック

申し込みブラック

カードローンに申し込みを行っている方で、審査に全く受からない!と頭を抱えている方はいませんか?過去に自己破産をしているわけでもなく、年収もあるし不安に思うようなことはないはずなのに…。
そんな方、もしかしたら「申し込みブラック」になってしまっているかもしれません。

 

ブラックリストという言葉はよく聞きますよね。過去に返済事故を起こしている方や、自己破産や債務整理などを行っている方が載ってしまうと言われているリスト。実際には、個人信用情報に記録されてしまうので、審査の際に「この人は去年自己破産をしているから信用できない」と判断されて審査に通らなくなってしまったり、カードを作ることが出来なくなってしまう状態のことです。ですので、実際にはブラックリストというファイルのようなリストは存在しないんですよ。

 

申し込みブラックも、審査に通らなくなってしまうという点では同じです。
これは、一度に何社も申し込んだり、短期間のうちに何社も連続で申し込みを行っている人がなってしまいます。審査に通らなかった!と焦って次々に受けてしまう方がいますよね。しかし、いけません。申し込みブラックになってしまいます。
どこの会社に申し込んだか、そして結果はどうだったのか。このこともすべて個人信用情報に記録されます。つまり、短期間のうちに何社も申し込んでいることはすべてバレてしまうという事ですね。このことから、複数社に申し込んでいる方は審査に通らなくなってしまいます。
簡単に言ってしまうと、お金がなくて切羽詰ってるのがバレバレ。ということです。そんな切羽詰っているような状態の方がきちんと返済を行ってくれるのでしょうか?と疑われてしまい、信用されなくなってしまいます。よって、審査にも通らなくなるという事です。

 

申し込みブラックのラインは、3社以上からと言われています。そして申し込み履歴の記録は、個人信用情報に半年間記録され、半年過ぎると削除されます。
つまり半年の間に2社申し込んで落ちてしまった場合は、個人信用情報から情報が消されるまで申し込みを控えた方が良いという事です。
何事も焦ると良いことはないですよ。

 

カードローンに申し込む前にまず、会社を比較して自分に合っているカードローンの会社を探し、そこに申し込むことが大切です。焦ってはいけないという事ですね。気を付けましょう。