カードローン 個人信用情報

個人信用情報とは

カードローンを利用する際は審査に通らなければなりませんが、審査の際は個人信用情報と言うものが調査されます。あまり聞きなれない言葉ですが、個人信用情報とはどのようなものなのでしょうか?

 

個人信用情報

個人信用情報とは、個人の信用度を図る情報のことです。この情報を調査することでカードローン会社はその人の返済・支払い能力の有無を判断します。具体的には、氏名・生年月日・住所などの本人を識別する情報や、毎月のクレジットカードの利用履歴や延滞情報、カードローンの申し込み履歴や利用履歴、延滞情報などです。

 

いつ申し込んだか、いつ利用したか、いくら利用したか、返済の遅れはなかったか、未払いのものはないか、事故情報はないかなどすべて記録されています。実際に利用していなかったとしても、申し込んだだけでその事実は個人信用情報として記録されます。

 

個人信用情報は信用情報機関と言うところに登録されています。

 

信用情報機関

信用情報機関とは個人信用情報および提供を行う機関のことです。信用情報機関には、全国銀行協会、CIC、JICC(日本信用情報機構)の3種類があります。機関によって情報の登録期間は異なりますが、金融機関は複数の信用情報機関に加盟しているため、情報は共有されていると思った方が良いでしょう。

 

信用情報機関に登録されている情報は本人も確認することができます。気になる場合は一度確認してみるといいでしょう。確認法は、各情報機関によって異なるので問い合わせてみてください。

 

事故情報

カードローンの審査などで言われる「事故情報」は、交通事故や火災事故など一般の事故ではなく、お金の貸し借りに関する「金融事故」のことです。

 

金融事故とは、借金の返済が遅延したり延滞したり、返済ができず自己破産を行うことです。こうした情報は事故情報として信用情報機関に登録されます。よく「ブラックリストに載る」というのは、事故情報が登録された状態のことを言います。

 

事故情報が登録されると審査に通りにくくなり、融資を受けることができなくなります。ただこの情報は永久に登録されているわけではなく、ある期間を過ぎれば抹消されます。登録期間は事故情報の種類や信用情報機関によって異なっています。

 

事故情報の種類と登録期間

全銀協

CIC

JICC

申し込み履歴

1年

6か月

6か月

延滞情報

5年

5年

5年

自己破産

最長10年

最長5年

最長5年

 

なお、これらの情報の登録期間は完済もしくは免責決定してからとなっています。返済が終わっていない、免責が下りていないうちはどれだけ時間が経っても情報は抹消されないので注意しましょう。