カードローン 自営業向け

自営業向けカードローン

自営業をしているほとんどの方が資金繰りに頭を抱えています。
資金繰りに困ったら、自営業者の人もカードローンを利用したい時はあります。

 

自営業の場合、毎月一定の収入が見込めない不安定な身分とみなされ、審査が通りにくいと言われています。
しかし自営業でも安定していることさえ証明できれば、カードローンの審査に通ることは可能です。
自営業の人がカードローンを申し込むと、多くの場合審査のために収入が分かる書類の提出を求められます。この書類で定期的な収入があることを証明できれば、他に大きな問題がない限り審査は通ります。
ちなみにどの種類のカードローンでも自営業者は借入の際、複数の書類が必要です。本人確認書類や確定申告書・収入証明書など収入を証明できる書類に加え、請求書や受注書など事業の実態が分かる書類の提出を求められることも多いです。申し込む時はこれらの書類を事前に用意しておくとスムーズに審査を進められます。

 

また、多くのカードローン会社は自営業者向けのカードローン商品を用意しています。
一般向けカードローンは自営業者の借入は可能でも、借入資金の使い道は「事業性資金を除く」と限定されています。一方事業者向けカードローンで借り入れた資金は事業資金として利用することができます。こちらのカードローンは事業者専用のため、会社員や公務員、パート、アルバイトなどは利用できません。
自営業者向けのカードローンは事業資金の融資と捉えられますので、総量規制の対象外となります。そのため年収の3分の1を超える金額でも借入が可能です。