カードローン 返済 遅れ

返済が遅れてしまうと

カードローンで借り入れをしたら返済日までに必ず返さなければいけません。でも万が一返済が遅れてしまったらどうなってしまうのでしょうか?

 

遅延損害金の発生

返済が遅れてしまうと、「遅延損害金」というものが発生し、通常の金利よりも高い金利が適用されます。この遅延損害金は遅延した日数分適用されますので、出来るだけ早めに返済してしまった方が良いでしょう。

 

また返済が遅れると、数日後に電話やハガキで督促の連絡が来ます。単に返済し忘れている場合もあるので、この時点ではまだカードローン会社は丁寧な対応をしてくれます。この時点ですぐに返せば特に問題にはなりません。

 

督促状の送付

督促の電話やハガキを無視していると、今度は督促状が送られてきます。そして督促状も無視していると取り立てが発生します。

 

取り立てとは借金の回収を迫ることです。取り立てと言うと怖いイメージを持っている人もいるかもしれませんが、取り立ての内容は法律で制限されているため暴力を振るわれたりすることはありません。

 

しかし返済する義務はありますのでいつまでも無視し続けることは出来ません。カードローン会社の担当者と話し合い、解決していかなければなりません。

 

そして返済が2〜3か月ほど滞ると、事故情報として個人信用情報に登録されます。いわゆる「ブラックリストに載る」という状態です。ブラックリストに載ると新たに借り入れをすることは出来なくなります。

 

全額一括請求

さらに返済が遅れていくと、借金の全額一括請求がされます。いつまでに返済してくださいと期日を設けて一括請求を求めてきますが、返済できないケースがほとんどです。なぜこのようなことをするのかというと、この次に行う法的手段を取るためです。

 

返済が滞ると、最終的に差し押さえが行われます。差し押さえとは強制的に借金を回収することです。差し押さえには種類があり、土地や家などを持っている場合はそれらの財産が差し押さえられる場合もありますが、一般的には給料の差し押さえが多いです。そうなると当然勤務先にもバレてしまいます。

 

これは裁判所の許可のもと行われる法的処分なので逆らうことは出来ません。

 

 

返済がどうしても間に合わない場合は事前に連絡をしましょう。連絡をしないと信頼性を失い、一括請求や差し押さえの手続きが早まったり、限度額の引き下げがされてしまったりします。

 

事前に連絡することで返済日の延期や利息だけの返済で大丈夫な場合もあるそうなので、間に合わない場合はカードローン会社に連絡するようにしましょう。