カードローン バレない

家族にバレずに借りたい!

カードローンやキャッシングでお金を借りることは決して悪いことではないのですが、世間的なイメージから、家族や会社にバレてしまうと色々と厄介だったりしますよね。それでなくても、カードローンやキャッシングでお金を借りること自体がマイナスのイメージで見られてしまいます。ですから、誰しも家族にバレてしまったらどうしよう・・・と思うものです。家族に心配させたくないですもんね。

 

ですが、安心してください!基本的にカードローンやキャッシングを利用しても、家族はもちろん、会社や他人にバレるようなことはありません!

 

実際に、カードローン会社から電話がかかってきても、他人に用件を伝えることは一切ありません。たとえ、在籍確認等の電話であっても、本人が電話に出なかった場合は、消費者金融からの電話と断定できないように電話をかけてきてくれます。

 

しかし、気を付けなくてはならない点があります。

 

家族にバレてしまう、知られてしまう一番のきっかけは、返済の遅れによるものです。返済が遅れてしまった場合、催促の電話がかかってきます。また、複数の会社からお金を借りたり、あまりに遅延や延滞をしてしまった場合は督促の手紙が届きます。しかも最悪の場合は給料の差し押さえもあり得ます。このような状況になってしまいますと当然バレてしまいますよね。

 

ですが、きちんと期日目でに返済すれば、家族はもちろん、会社にも他人にもバレるようなことはありませんので、安心してくださいね。

 

家族にバレないようにするには

カードローンで借り入れをしたことが家族にバレないようにするには、以下のポイントを押さえておくといいでしょう。

 

契約書類が家に届かないようにする

自宅に契約書などの書類が届いてしまって家族にバレるというケースはよくあります。バレないようにするには、インターネットから申し込みをするといいでしょう。

 

インターネット上の申し込みでは、入力フォームに必要事項を入力するだけなので、簡単で早く申し込みが済みます。

 

本人確認の連絡先は携帯電話にする

審査の際は本人確認のために電話がかかってきます。電話がかかってきたときに家族が電話に出てしまうとバレてしまう可能性があるので、申し込みの時に記入する連絡先の電話番号は自分の携帯電話の番号にしておきましょう。

 

カードが家に届かないようにする

カードローンを契約すると、カードローン会社からローン専用のカードが発行されます。通常なら自宅に郵送されてきますが、そうなれば家族にバレる危険はかなり高くなります。これを回避するには、自動契約機か店舗を利用しましょう。

 

申し込みをネットで済ませ、審査後の連絡の際にカードを取りに行きたいと伝えるだけで、あとは店舗に出向いて受け取れば大丈夫です。少し面倒ではありますが、家族にバレるよりはずっといいと思います。

 

明細書が家に送られてこないようにする

申し込み手続きが終わってからでも油断はできません。お金を借りる時、提携ATMなどATMで借り入れをする場合はその場で明細書を発行すればいいですが、振り込みで借り入れをした場合は自宅に明細書が届くことになります。

 

明細書が送られてこないようにするには、ATMで借入返済を行う利用設定をメールやWEB明細にしておくといいでしょう。また、絶対にバレないように新たに銀行口座を開設しておくのもいいでしょう。

 

支払い催促が来ないようにする

家族にバレる理由として最も多いのが、返済が遅れてしまった場合に催促の電話がかかってきたから、というものです。家族にバレないようにするには、計画的に利用して返済期日を必ず守るようにしましょう。

 

勧誘電話や勧誘ハガキを停止してもらう

一度カードローンを利用すると、金融業者から勧誘電話や勧誘ハガキが来ることがあります。せっかくバレないように気を付けていたのに自宅に勧誘電話がかかってきたり、ハガキが届いてしまっては意味がありません。

 

そうならないためには、お客様専用ダイヤルに電話をして勧誘電話や勧誘ハガキを停止してもらうよう伝えましょう。金融業者によっては「電話連絡なし」「郵便物なし」とアピールしているところもあるので、そうしたところを利用した方がいいですね。